海外からの個人輸入で低容量ピルのトリキュラーを安く購入する

低用量ピルとして有名なトリキュラーは多くの女性から支持を集めています。

低用量ピルは残念なことに日本では保険適用外となりますので、処方して貰う場合には自由診療という形となり高額の出費となります。

そのために多くの人は海外からの個人輸入という形でトリキュラーを入手しています。

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあります。

28錠タイプは7錠分容量が多いというわけではなく、どちらも成分含有量は同量となっています。

その違いは何かというと、28錠タイプにはプラセボが含まれているということです。

プラセボとは偽薬のことを指し、毎日の服用習慣を途切れさせないために、7日分追加されているというわけです。

もちろん7日分のインターバルをあけて服用を確実に再開することが可能であるのでしたら、21錠タイプであっても問題はありません。

飲み忘れが心配という方には28錠タイプのトリキュラーがおすすめです。

なおプラセボは飲み忘れても影響はありません。

またトリキュラーは比較的歴史の長い薬で、安全性も高く安心して飲み続けることができるという大きなメリットもあります。

3種類に分けられている3相性ピルとなりますので、自然のホルモンサイクルに近い効果を発揮するとされています。