トリキュラーで生理周期をコントロールする

トリキュラーとは低用量ピルの一つで、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きによって避妊の効果を発揮します。

トリキュラーを正しく服用する事によって、ほぼ間違いなく避妊が可能となります。また、生理周期をコントロール出来るので、生理不順な人でもちゃんと28日に整えられて、旅行とずらしたり等の毎月のスケジュールを立てやすくなります。

他にも様々なメリットがあって、生理痛が軽くなる、生理の出血が減って貧血の改善、子宮内膜症の悪化を防ぐ、骨粗しょう症になりにくくなる、等の効果が期待できます。

薬の効果を維持するために、飲み忘れない事が重要で、食前と食後のどちらでも問題はなく、ほぼ決まった時間に飲むことも大切です。

心配な副作用について、トリキュラーは避妊出来る限界までホルモン量を下げているので、他と比べて副作用は少ないとされています。

飲み始めはホルモン環境が変化することによって、不正出血や胸の張りと痛み、悪心や嘔吐等の胃腸障害が出ることがあります。

しかし2カ月から3か月服用を続けると体が慣れてきて消失します。

また、まれに血栓性を引き起こしたり、悪化させる心配があります。

年齢と喫煙にも深く関係しているため、40歳以上や喫煙者は、服用する前に医師に相談しなければなりません。