避妊・生理痛に悩む女性が使用するトリキュラー

トリキュラーは、日本で最も普及している低用量ピルです。

通称ピルと呼ばれる経口避妊薬が日本において避妊目的で利用することが認められたのは1999年からで、避妊の方法としては比較的歴史が浅いといえるでしょう。

避妊目的のほか、生理痛などに悩む女性などに使用されています。

ピルは一般に1日1錠づつ21日飲み続け、7日間休むというペースで使用されます。

トリキュラーには、21錠が1セットの物と28錠が1セットの物があります。

28錠入りの最後の7錠はプラセボ(偽薬)であり有効成分を含みません。

これは7日間の休薬期間に薬を飲む習慣が途切れないようにするための物です。

トリキュラーは三相性ピルというタイプのピルになります。

ピルの主な成分は卵胞ホルモンと黄体ホルモンに2つですが、21錠のピルが飲む時期に合わせて、3段階に成分の違うタイプに分かれてます。

これは飲む時期により最適なホルモン量に合わせてあります。

飲む順番を間違えないよう色が変えてあるのでのみ間違いの心配はありません。

ピルは避妊法としては優れた方法ですが性病の感染予防などの効果はありませんので、その点は注意して使用してください。

また、一部の病気の症状がある場合は使用することが出来ない可能性があります。

気になる場合は医師に相談してください。