低用量ピル トリキュラーで避妊できる仕組み

トリキュラーとは低用量ピルの一種で、日本でも広く利用されている経口避妊薬です。

ドイツのバイエル薬品株式会社により製造・販売されていて、正しく飲み続けた場合はほぼ100%に近い避妊効果を発揮します。

また、低用量ピルと言う事で、成分が避妊に必要なギリギリの量に抑えられているため、副作用も現れにくいメリットがあります。

トリキュラーには、エストロゲンとプロゲステロンという、2つの女性ホルモンによく似た成分が含まれています。

これらが配合されたトリキュラーを服用すると体内の女性ホルモンが一時的に増加し、妊娠時と似たようなホルモンバランスになります。

そうすると脳は妊娠したと勘違いするので、ホルモンの分泌量が減少し、それに伴って排卵が起こらなくなり避妊効果を得られるようになる仕組みです。

また、トリキュラーには乱れたホルモンバランスをリセットする事で、その後の生理周期が安定するよう整える効果もあります。

トリキュラーはピルの飲み方の中でも三相性に分類されます。

三相性はホルモンの配合量が3段階に分かれているのが特徴で、体内のホルモンバランスを自然に変化させられるようになっています。

錠剤によってホルモンの配合量が調整されているので、きちんと避妊効果を得るために、飲み間違いや飲み忘れに注意しましょう。