月経困難症や子宮内膜症の治療薬としても服用される低容量ピルのトリキュラー

トリキュラーは、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルの2種類の女性ホルモンが含まれいる第2世代の漸増型3相性低用量ピルです。

漸増型3相性ピルは、生理周期初期は黄体ホルモンに相当するエチニルエストラジオールの含有量を少な目に配合し、生理周期の後期に向けてエチニルエストラジオールの含有量を3段階で増量する事により、1相性の低用量ピルと比較して生理1周期当たりのエチニルエストラジオールの含有量を減量して重篤な副作用や副作用の発生頻度を軽減し、より自然で女性本来のホルモンバランスに近づけています。

その為、トリキュラーは日本の女性の体質に適しているとされ、日本国内でもっとも使用されている低用量ピルです。

経口避妊薬は、一昔前にはとても悪いイメージがあり服用者は非常に稀でしたが、現在では月経困難症や若年性更年期障害、子宮内膜症などの治療薬として服用する若い女性も増えています。

又、トリキュラーに含まれるエチニルエストラジオールは、エストロゲンと同様にコラーゲンの再生を促進する効果や善玉コレステロールを増加させ悪玉コレステロールを減少させる効果、カルシウムの吸収率を高める効果など多種多様な効果があります。