トリキュラーを正しく服用して避妊する

トリキュラーは避妊用や生理を遅らせるために使用する低用量ピルの一つです。

トリキュラーには21と28がありますが、この2つの成分や含まれている量は全く同じです。

トリキュラー28は21にプラスして7錠の偽薬が含まれています。

ピルは避妊薬として使用されることが多いため、飲み忘れると妊娠してしまう可能性もあります。

こういった飲み忘れを防ぐためにトリキュラー28はあります。

トリキュラーの使い方は2通りあります。

まず、生理の1日目から飲み始める方法と、生理になってはじめての日曜日から服用する方法です。

生理時に出血がきちんとある場合は生理の1日目から飲み始める方法の方が良いでしょう。

また、毎日飲む時間を決めておくことも大切です。

もし飲み忘れてしまった場合は、すぐに前日分を飲むようにし、当日の薬はいつも飲んでいる時間に飲むようにします。

3日以上飲み忘れた場合は一回飲むのをやめて、次の生理から開始するようにします。

トリキュラーは低用量ピルですが、めまいや吐き気、頭痛が起こることがあります。

そのため、寝る前に服用すると生活に支障をきたすことがありません。

副作用は少ないですが、長期にわたって服用する場合は定期的に血液検査などを行うとより安心です。