低用量避妊ピル トリキュラーの服用方法とメリット

トリキュラーは、黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)の配合剤になっています。

避妊効果を発揮する低用量避妊ピルであり、多くの医療機関で扱われています。

ドイツで開発された薬であり、日本の製薬会社のアステラス製薬も共同開発に加わっていて、日本でも認知度が高い低用量ピルになっています。

トリキュラーは、正しく服用をすれば、ほぼ100%の確率で避妊することが可能になっています。

トリキュラーには、3つの主な働きがあり、効果的に避妊が可能です。

3つの働きは、「排卵を起こらなくする」、「受精卵を着床しにくくする」、「精子を子宮に入りづらくする」ことであり、複数の面から避妊をすることが可能になっています。

また、生理の周期をコントロールすることも可能な薬であり、生理周期をきちんと28日に整えることができます。

そのため、旅行などの生理をずらしたい時などにも効果が得られるため、たくさんのメリットを受けることが可能になっています。

これらのメリットのほかにも、ホルモンバランスを整える効果があり、ニキビなどのさまざまな体への異常を軽減することが可能です。

女性に多い関節リウマチを予防するも可能であるという報告もあり、健康的に過ごす手助けをしてもらえます。