低用量ピル トリキュラーの避妊効果

トリキュラーは、避妊効果の高い低用量ピルとして日本でも人気があります。

ドイツの大手製薬会社であるバイエル社が製造販売しており、21錠タイプと28錠タイプが存在しています。

トリキュラーは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きによって体内を妊娠中と同じ状態にするため、高い避妊効果が期待できます。

そして、その他にも、排卵を起きにくくする効果や、受精卵を着床しにくくする効果や、精子を子宮に入りにくくする効果もあります。

そのため、正しく服用すれば、ほぼ100%に近い確率で避妊できるのです。

また、トリキュラーには、その他にも、生理周期を28日にコントロールして、生理不順を改善する効果もありますし、生理の出血量を減らしたり、生理痛を軽くしたりという生理期間中の苦痛を改善する効果もあります。

そして、子宮内膜症の悪化や骨粗しょう症などを防ぐ効果もあります。

そのため、避妊以外の目的で服用する人もいます。

服用する際の注意点は、飲み忘れが無いようにすることです。

避妊効果を維持するためには、出来るだけ毎日同じ時間に服用する必要があります。

万一飲み忘れた時は、飲み忘れが24時間を超えていない場合は、飲み忘れに気付いた時点で服用してください。