避妊の効果を高める低用量ピル トリキュラーの飲み方

避妊を確実にするためには避妊具を利用する、基礎体温をつけるなどの努力も必要ですが、それだけでは完璧というわけではありません。

男性が避妊に協力的ではないという悩みを持つ人もありますし、避妊具も破損してしまうことがあります。

より避妊の効果を高めるのであれば、低用量ピルの服用も考えてみてはいかがでしょうか。

トリキュラーは3相性タイプの低用量ピルでホルモン量が3段階に変わるのが特徴的です。

自然なホルモンバランスで変化していくことができますので、不正出血も起きにくいとされています。

順番を間違ってしまうと、避妊の効果も落ちてしまいますので、正しい順番に飲むことも大事です。

トリキュラーは21と28のものがありますので、それぞれの特徴も知っておきましょう。

まず21のほうは21日間で1シートを飲んだら7日間薬をお休みして次のシートを飲みます。

そして28のほうは薬の飲み忘れを防ぐために、薬効の入っていない偽薬が7錠用意されています。

飲み忘れが心配の方はこちらを選ぶと良いですが、偽薬の場合は飲み忘れた場合も特に問題はありません。

いずれの薬の場合も飲み忘れを防ぐためには、毎日同じ時間に飲むようにしておくことがおすすめです。