低用量ピルとは?

トリキュラーは低用量ピルと呼ばれる経口避妊薬の一種です。

現在では厚生労働大臣の許認可もおりているので、医師が発行する処方箋があれば調剤薬局経由で購入する事ができます。

ピル(経口避妊薬)とは合成した黄体ホルモンと卵胞ホルモンを配合し、女性ホルモンの生産率をコントロールし妊娠しないようにするための薬ですが、従来のものは副作用も強く、それに代わって低用量ピルが登場すると人気を博するようになりました。

その名が示す通り従来のピルに比べると配合されている黄体ホルモンや卵胞ホルモンの量が少ないため、副作用のリスクが少なく、また妊娠を希望する場合には使用を中止すれば再び妊娠準備に入ることができます。

今回取り上げるトリキュラーは低用量ピルのなかでも人気が高い薬です。

3相性と1相性タイプの違いと飲み方について

低用量ピルには3相性と1相性というタイプがあります。この違いはどこにあるのかというと、服用中の黄体ホルモン産生量の増加が三段階に分かれているタイプが「3相性」、黄体ホルモンの産生量が常に一定のタイプが「1相性」です。

受精並びに妊娠するための準備期間がいわゆる生理(月経)であり、この時も一時的にホルモンバランスは大きく変化するので、ホルモン量が一定の1相性タイプよりも3相性タイプの方が身体への負担が少ないと考えられています。

また、3相性ピルは服用中のどのサイクルで黄体ホルモンが増えるのかによって

  • 中間増量型
  • 漸増(ぜんぞう)型

の二種類に分類されています。

そして、低用量ピルは規定の日数を1周期として継続服用する薬になります。

中間増量型は服用から7日目から12日目までの間に黄体ホルモンの量が増え、漸増型はサイクルの終盤になるにしたがって黄体ホルモンの量が増加していきます。

トリキュラーは3相性の漸増型に分類される薬です。(トリキュラー21は21日周期、28は28日周期で服用する薬になります)

配合されている女性ホルモンの種類と避妊のメカニズムについて

低用量ピルには前述したように黄体ホルモンと卵胞ホルモンが主成分として配合されています。

そこで代表的な低用量ピルに配合されている合成女性ホルモンについて見ていきましょう。

(3相性タイプ)

  • 黄体ホルモン(レボノルゲストレル)、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール):トリキュラー、アンジュ、ラベルフィール・・・何れも漸増型
  • 黄体ホルモン(ノルエチステロン)、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール):オーソ777・・・中間増加型
  • 黄体ホルモン(ノルエチステロン)、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール):シンフェーズT・・・中間増加型(オーソ777よりも性ホルモンの配合量が多いタイプ)

(1相性タイプ)

  • 黄体ホルモン(デソゲストレル)、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール):マーベロン、ファボアール
  • 黄体ホルモン(ノルエチステロン)、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール):オーソM

となります。

黄体ホルモンは生理に入る前に増加して妊娠しやすい体質にするための性ホルモンです。

ではどうしてピルは黄体ホルモンを配合しているのでしょう?実はこれには生理周期が大きく関係しています。

女性の体は生理初期に入ると黄体ホルモンを盛んに作ろうとする傾向にあるというのは先にも説明した通りです。

ところが黄体ホルモンを作るにはそれを促すためのLH(黄体促進)ホルモンの作用が不可欠です。

LHホルモンは下垂体から分泌されているのですが、このLHホルモンが盛んに分泌される時期に黄体ホルモンを投与すると下垂体では性ホルモンのバランスを維持しようとしてLHホルモンの分泌にブレーキをかけます。

天然型の黄体ホルモンであるプロゲステロンと合成された黄体ホルモンとは似て非なるものですので、体内で合成黄体ホルモンの量が増えても着床しやすい体質にはなりません。

したがって、ピルを飲むことでLHホルモンの産生量を減らし、プロゲステロンができにくいようにすることで避妊しやすくなる(妊娠しづらくする)のです。

トリキュラーのメリットとデメリットとは?

トリキュラーを始めとする3相性タイプは生理の周期に合わせて服用する時、3段階に分けて黄体ホルモンの量が増加していくため、より自然に近い形で体調をコントロールしやすいとされています。

またきちんと服用すれば避妊効果は高く、体への負担も少ないので副作用の心配は低いとされています。

さらに(これはピル全般に言えることですが)妊娠を希望する場合は服用をやめることで再びLHホルモンの産生を活性化させることができるので、妊娠準備にも比較的容易に入ることができます。

これも「低用量」で体に無理なく薬を作用させているからだといえるでしょう。

しかし一方で、錠剤ごとの配合ホルモン量が異なるため、飲み方を間違えてしまうと不正出血や避妊効果が低下するなどのデメリットがあるため、飲み方には十分な注意が必要となります。

トリキュラーの場合薬のシートに飲み始めからの日数が記載されているので、その指示に従って確実に飲むようにしなければなりません。

万が一二日間以上服用するのを忘れてしまった場合は使用を中止して医師に相談するようにしてください。

トリキュラーの副作用と禁忌について

低用量ピルは他の避妊薬と比べて確かに副作用は少ないとされていますが、医薬品なのでまるでゼロということはありません。

安心して服用するためにもトリキュラーの副作用と禁忌(処方できないケース)について知っておくことは重要だと思います。

(副作用)

  • 悪心(気分が悪くなる)、嘔吐
  • 頭痛
  • 不正性器出血
  • 下腹部痛
  • 下痢
  • 便秘
  • むくみ
  • 体重増加

(重大な副作用)

  • 脳梗塞や心筋梗塞、四肢血栓などの血栓性疾患の続発
  • 糖尿病、高血圧症など生活習慣病へのリスク
  • 過敏性ショック<

など

(禁忌)

  • トリキュラーにアレルギー反応を持つ人
  • 妊婦または妊娠の可能性がある人
  • 18歳未満の女性
  • 喫煙者
  • エストロゲン依存の腫瘍性疾患の既往がある人(乳がん、子宮頸がん、子宮筋腫など)
  • 生活習慣病患者で現在服薬治療を受けている人

日本での入手方法

トリキュラーやその他の低用量ピルは医療用医薬品といって、厚生労働大臣が許認可し医療機関で取り扱う薬に分類されています。

そのため入手するには必ず医師の診断を受けて処方箋を発行してもらい、院内薬局か調剤薬局経由で入手することになります。

ただし、避妊行為は通常の医療行為とは見なされないため医療用医薬品といっても保険証は使えません。処方を受けるための診察や検査費用、薬代、処方箋発行料を含めて全額自己負担となります。(このような医療の給付を自由診療と呼んでいます)

自由診療にかかる医療費は法律上で医療機関ごとに決めて良いことになっているので、同じ薬を同じ量処方してもらっても医療機関によって負担する金額が異なるということも考えられます。この点は十分な注意が必要でしょう。

少しでもコストを下げるために個人輸入を利用する人もいます。ただし、低用量ピルのように長期間に渡り服用し続ける薬は定期的な診察を受ける必要性があると判断されます。

加えて医薬品の個人輸入で健康被害を被(こうむ)っても日本の国内法では海外のブローカーや販売業者を訴えることができないケースが多いので、全て自己責任となるリスキーな入手方法であるということを念頭に置いておく必要性があります。

このため国内で流通している正規品を入手できる方法がある以上、診察を受けた上で処方してもらうことをお勧めします。

ざっくりとしたところですが、医療機関でトリキュラーを処方してもらう場合、1シート(28日分)で5,000円前後になるようです(諸費用込み)。